細菌毒素とアマルガム

隣にアマルガム充填がある歯根治療済みの歯は、特に危険であるとみなされます。失活歯から発生するメルカプタンは、「メルクリウス」(ラテン語の水銀の名前)と「カプタン」という語を組み合わせることによってできており、その毒素名には水銀との高い親和性を持つという特性が付けられています。これは、細菌の代謝によって、可燃性の無色液体で最も強い神経毒の1つであるメチルチオールに変質します:0,1 ミリリットル(1 L の 1/10000)ですでに死に至ります。口腔内での濃度はずっと低くなります。しかし、ごく少量の長期にわたる放出は、健康に負荷のかかる結果を招くでしょう。とりわけ、ジメチル水銀は血液脳関門に侵入し脳内で蓄積します。合成は以下の 3 つの図にて要約されています

16-wissenschaftliche-grundlagen-einfuehrung-ch3sh

アマルガム水銀は、失活歯の毒素によってさらに強い毒性を持つ化合物に反応します。

17-wissenschaftliche-grundlagen-einfuehrung-h2s

毒性を持つ有機的 Hg 化合物は、試験酵素の放射性標識を HgCl2 よりも強く阻害し、とりわけメタンチオールを含む右のグループにて認識することができます。

19-wissenschaftliche-grundlagen-einfuehrung-hgh2s-mund
18-wissenschaftliche-grundlagen-einfuehrung-hgh2s-autoradio